SMASSO Reserve利用規約(スペースオーナー)


 本規約は、スペースコネクト株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する「SMASSO Reserve」サービスを利用者に対しスペースのレンタル事業を提供する事業者として利用するに当たり、遵守していただかなければならない事項及び条件を定めるものです。本規約は民法548条の2が定める定型約款に該当し、本規約を契約の内容とする旨を同意したときに、これらの個別の条項についても同意したものとみなされます。

第1条(定義)
 本規約において使用される用語は、以下に定めるとおりとします。
(1)「本サービス」とは、当社が提供する「SMASSO Reserve」サービスをいい、その詳細は、当社が別途提供する仕様書又はウェブサイトに掲載した仕様に従うものとします。
(2)「スペースオーナー」とは、利用規約に基づく利用契約を当社と締結し、利用者に対するスペースのレンタル事業を行うために本サービスの提供を受ける者をいいます。
(3)「利用者」とは、本サービスを通じてスペースオーナーの提供するサービスを利用し、又は利用しようとする者といいます。
(4)「利用契約」とは、利用規約に基づき当社とスペースオーナーとの間に締結される本サービスの提供に関する契約をいいます。
(5)「スペースオーナー設備」とは、本サービスの提供を受けるためスペースオーナーが設置するコンピュータ、電気通信設備その他の機器、ソフトウェア及び電気通信回線等のライセンスをいいます。
(6)「スペース」とは、スペースオーナーが利用者に利用させる空間及び設備をいいます。
(7)「スペース情報」とは、スペースに関する情報をいいます。
(8)「第三者サービス」とは、本サービスの提供に当たり利用する当社以外が提供するソフトウェア、クラウドサービス、電気通信回線その他のサービスを総称していいます。

第2条(利用契約の成立)
1 本サービスをスペースオーナーとしての利用を希望する者(以下「申込者」といいます。)は、本規約の内容を承諾の上、当社所定の申込書を当社に提出する方法その他の当社所定の方法により、本サービスの利用登録の申込みをするものとします。
2 次の各号に掲げる者は、本サービスの利用登録をすることができません。
(1)過去に本規約又は利用契約に違反したこと又は解除されたことがある者
(2)申込みに当たり、誤り又は虚偽の事項を届け出た者
(3)暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下総称して「反社会勢力」といいます。)
(4)次の関係を有する者
  ア 反社会的勢力がその経営を支配していると認められる関係
  イ 反社会的勢力がその経営に実質的に関与していると認められる関係
  ウ 自ら若しくは第三者の不正の利益を図る目的、又は第三者に損害を与える目的をもって反社会的勢力を利用していると認められる関係
  エ 反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなど反社会的勢力の維持、運営に協力し、又は関与している関係
  オ 反社会的勢力との社会的に非難されるべき関係
(5)前各号のほか当社が不適当と認める者
3 当社が第1項の申込みの審査をするために必要な資料の提供を申込者に求めたときは、申込者はこれに応じるものとします。
4 第1項の申込みを受けて当社が本サービスの利用登録をした時に、申込者と当社の間で利用契約が成立するものをします。

第3条(届出内容の変更)
1 前条第1項に規定する申込書にスペースオーナーが記載した事項その他のスペースオーナーが当社に届け出た事項に変更が生じたときは、スペースオーナーは、速やかに当社所定の方法により変更内容を届け出るものとします。
2 スペースオーナーが前項の届出を怠ったことにより当社からスペースオーナーへの連絡、通知等がスペースオーナーに到達せず、又は遅延したためにスペースオーナーに損害が生じた場合であっても、当社はその責任を負いません。

第4条(登録情報の変更)
1 当社は、スペースオーナーが記載するスペース情報が本サービスの対象として不適切と判断した場合又は当社の基準を満たしていないと判断した場合、その理由とともにスペースオーナーに対して情報を変更するよう求めることができ、スペースオーナーは合理的な理由がある場合を除いて修正に応じるものとします。また、当社は、写真や記載内容からスペース情報が本サービスの対象として不適切であることが明らかであると判断した場合、スペースオーナーへ通知をしたうえで、情報(文章、設備その他の情報)の追加・削除を行うことができるものとします。
2 当社は、スペースオーナーが記載する情報をスペースの現況に最適化するため、スペースオーナーに通知することなく任意に修正することができるものとします。
3 当社は、スペースオーナーによる本サービスへのアクセスが一定期間確認できない場合等、スペースオーナーにおいて適切なスペースオーナー設備の管理の体制が確保されていないと判断した場合、スペースオーナーに通知することなく任意に情報を修正することができることとします。

第5条(設備の準備)
1 第2条第4項に基づき当社と申込者との間で利用契約が成立したときは、スペースオーナーは、本サービスを利用するに当たって必要となるスペースオーナー設備を自己の費用及び責任で準備し、維持するものとします。なお、その詳細は、当社がスペースオーナーと協議のうえ決定するものとします。
2 スペースオーナーは、自己の本サービスの利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。

第6条(本サービスの利用)
1 スペースオーナーは、利用期間中、本規約その他当社の定める条件に従い、自己の管理するスペースを利用する利用者を募集するために、本サービスを利用することができます。本サービスの利用に当たり、スペースオーナーは、以下の行為を実施するものとします。
(1)当社に対するスペース情報の提供
(2)利用者からの問い合わせ、申込み、予約の変更・取消、苦情その他の連絡に対する対応
(3)利用者との個別契約の締結及びその適切かつ誠実な履行
2 スペースオーナーによる本サービスの利用に当たり、当社は、自己の裁量に基づき、スペースオーナーに対し、以下のサービスを提供します。
(1)本サイトの管理及び運営
(2)コンテンツ企画
(3)スペースの利用料金の決済代行
(4)売上報告及び支払報告
3 スペースオーナーは、当社の定める方法で当社に対してスペース情報の提供を行うものとします。当社は、受領したスペース情報について、当社が別途定める掲載基準に従って掲載の可否を判断し、掲載を認める場合にはその旨をスペースオーナーに通知します。
4 スペースオーナーは、当社から、スペースの設備の詳細、本サービスを通じて知り得た利用者に関する予約状況・過去の利用状況・利用者とのやり取りやその他のスペースに関する事項について問合せ又は資料提供の要請を受けた場合は、遅滞なく回答又は資料の提供を行うものとします。
5 当社は、本サービスを善良なる管理者の注意をもって提供するものとします。ただし、本サービスの完全性、有用性、動作保証、特定の目的への適合性、本サービスと連動させる機器(スマートフォン、タブレットを含みます。)への適合性、非侵害その他一切の事項について保証しません。


第7条(利用者との契約)
1 スペースオーナーは、当社に対して利用者にスペースを利用させる際の利用規約、キャンセルポリシーその他のスペースの利用に関する諸条件を提示し、本サービスの利用開始前にその内容について承諾を得るものとします。なお、スペースオーナーは、本サービス以外で当該スペースの貸し出しをしている場合には、当該本サービス以外でスペースを貸し出す場合の料金を超えて、本サービスにおける利用料金を設定してはならないものとします。
2 利用者からスペースオーナーに対するスペースの利用申込みに対し、スペースオーナーが本サービスの管理画面上で承認の意思表示をした時点で、利用者とスペースオーナーとの間に、スペースの利用に関する契約が成立するものとします。契約成立後の料金改定、利用条件の変更について当社は何ら責任を負いません。
3 スペースオーナーは、当社が利用者によるスペースの利用に関し下記事項に該当すると判断した場合には、当社の要請に基づき、利用者によるスペースの利用を中止させ、又は、個別契約を解除しなければなりません。
(1)利用者が他のスペース利用者、スペース関連の他の会社、近隣住民の迷惑となる行為をした場合。
(2)利用者がスペースオーナーの許可なく第三者に転貸した場合。
(3)当社が風紀上又は安全管理上、不適当と認めた場合。
(4)常識を超えた備品の持込み、又は使用がされた場合。
(5)関係諸官庁又はスペース関係者からスペース利用の中止命令が出された場合。
(6)利用者が当社諸規約に反する利用をした場合。
(7)暴力団等に属する者が利用しようとしている認められる場合。
(8)利用者が、利用に関し、法令の規定、公の秩序又は善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められる場合。
(9)利用者が、感染症又は伝染病に罹患していると明らかに認められる場合。
(10)天災、施設の故障その他やむを得ない事由により利用させることができない場合。
(11)スペースが所在する地域の条例・規則の規定に抵触する場合。
(12)その他、当社が社会通念上不適切な使用方法と判断した場合。
4 スペースオーナーと利用者の間の契約の成立後、スペースオーナーは利用者に対し、鍵の受領方法その他利用方法を案内する等、利用者によるスペース利用に支障がないよう適切な対応をしなければならず、当該対応が行われていないと当社が判断した場合、当社は、スペースオーナーの意向如何にかかわらず、スペース利用料金の払戻しの手続きを行います。この場合、スペース料金全額を返金するものとし、当該返金によりスペースオーナーに生じた損害について、当社は一切責任を負いません。
5 スペースオーナーが前項の義務に違反し、利用者に損害が生じた場合には、スペースオーナーは利用者に対し、その損害を賠償しなければなりません。
6 スペースオーナーは、利用者のスペース利用に関し、周辺環境の迷惑とならないよう利用者を監督する義務を負うものとします。スペースオーナーがこの義務に違反し、当社に損害が生じた場合には、スペースオーナーは当社に対し、その損害を賠償しなければなりません。
7 当社は、スペースオーナーが利用者の申込みに対して何らメッセージの返信を行わず申込みの有効期限が切れることが複数回継続する等、スペースオーナーによる利用者との個別契約の締結及びその適切かつ誠実な履行が期待できないと判断した場合は、スペースオーナーへ通知した上で、スペースオーナーが掲載するスペースの情報に関し、非掲載等の措置を行うことができるものとします。

第8条(直接取引の禁止)
1 スペースオーナーは当社の事前の承諾なく、本サービスを利用して連絡をとった利用者に対し、本サービスを利用しない方法での利用を促す行為をしないものとします。
2 前項に違反した場合、及び前項に違反するおそれがあると当社が判断し、スペースオーナーに対して合理的説明を求めたにもかかわらず、当社が定める一定期間内に当該説明をすることができなかった場合、事前の通知なしに本サービス上の掲載情報の削除、サービスの全部又は一部の利用停止、登録の取消しその他当社が必要と判断する措置を講じることができるものとします。

第9条(競業避止)
1 スペースオーナーは、利用期間中、本サービスと競合するサービスを自ら行わないものとします。
2 前項の規定は、利用期間終了後1年間有効に存続するものとします。

第10条(決済代行の許諾)
1 スペースオーナーは、利用者がスペースオーナーに対し支払うべき一切の代金を受領する権限及び当社名で領収書を発行する権限を当社に付与するものとします。また、スペースオーナーは、当社から請求があった場合、それらの権限の行使に必要な利用者の情報(個人情報を含む)を当社に対し提供するものとします。
2 当社は、利用者からの代金の回収を保証するものでなく、当社の判断で利用者に対し回収した代金を返還することがあります。
3 本サービスの不具合に起因するものを除き、利用者からのクレーム、請求等への対応は、スペースオーナーが費用及び責任をもって行うものとし、当社に損害が発生した場合はその補償をするものとします。
4 第1項に定める権限に基づく利用者からの代金の受領は、当社が委託する決済代行会社に行わせることができるとし、当該決済代行会社に対し支払う費用は、利用者から受領する代金から差し引くものとします。

第11条(委託)
 当社は、スペースオーナーに対して提供する本サービスに関する業務の全部又は一部を第三者に委託することができるものとします。

第12条(利用料金等)
1 スペースオーナーは、別途合意した本サービスの利用料金を当社に対し、支払うものとします。
2 利用者のスペースオーナーに対する代金は毎月末日締めで第10条第4項の定めに基づき当社が委託した決済代行会社により精算され、締め日の翌月末日に当社に支払われます。当社は、決済代行会社より支払われた金額からスペースオーナーの当社に対する利用料金を差し引いた金額を締め日の翌々月の末日までに、スペースオーナーの指定する口座に振込み支払うものとします。なお、金融機関の口座への振込みによる方法の場合の振込手数料は、当社の負担とします。
3 前項にかかわらず、決済代行会社から当社に対し支払われる毎月の金額がスペースオーナーが当社に対し支払うべき利用料金に満たない場合、当社は、スペースオーナーに対し、その差額の支払いを請求できるものとします。なお、これを金融機関の口座への振込みにより行う場合、その振込手数料は、当社の負担とします。
4 本条第2項にかかわらず、スペースオーナーが当社に対し負う債務について履行遅滞となっているものがある場合、当社は、前項に基づきスペースオーナーに対し支払うべき代金について遅滞についての責任を負わず支払いを停止し、必要に応じて、スペースオーナーが当社に対し負う債務と相殺できるものとします。

第13条(キャンセル時の対応)
1 スペースオーナーは、当社による事前の承諾を得たキャンセルポリシーに従って適切に利用者からのキャンセルを受け付けるものとします。
2 スペースオーナーは、前項の利用者からのキャンセルに対し、適時に本サービス上で対応をしなければなりません。
3 当社は、第1項のキャンセルポリシーに従い、利用者への利用料金を返金するものとします。ただし、利用者による支払いが銀行振込による支払いの場合、当社は、別途の合意の無い限り、利用者に対する返金について何ら責任を負わず、返金の実施を当社に委託する場合、別途費用が発生するものとします。
4 利用者によるキャンセルの手続き後、スペースオーナーが7日間、第2項の手続きを行わなかった場合、当社にて払戻しの手続きを行うことができるものとします。この場合、キャンセルポリシーの設定の如何にかかわらず、スペース料金全額を返金するものとし、当該返金によりスペースオーナーに生じた損害について、当社は一切責任を負いません。
6 本条に従って行ったキャンセルに伴う利用料金の返金について、当社は利用者に対し何ら責任を負わないものとし、スペースオーナーと利用者との間で責任をもって解決するものとし、当社が何らかの責任を負った場合、それによって生じた当社の損害及び費用(弁護士報酬を含みます。)は、スペースオーナーが補償するものとします。

第14条(パスワード及びスペースオーナーIDの管理)
1 スペースオーナーは、自己の責任において、本サービスに関するパスワード及びスペースオーナーIDを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはなりません。
2 パスワード又はスペースオーナーIDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任はスペースオーナーが負うものとします。

第15条(禁止事項)
1 スペースオーナーは、次の各号に掲げる行為を行わないものとし、これらの行為を行った場合又は行うおそれがあると当社が合理的理由から判断した場合、当社は、スペースオーナーの本サービスの利用を事前の通知なく一時的に停止できるものとします。なお、利用者が行った行為は、スペースオーナーの行為とみなします。
(1) 本規約に違反する行為
(2) 当社又は他のスペースオーナーの権利又は利益を侵害する行為
(3) 当社に対して虚偽の届出をする行為
(4) 指定機器以外に本サービスを設定する行為
(5) 他のスペースオーナーの情報を使用して本サービスにかかるウェブサイトその他のシステムにアクセスする行為その他第三者になりすまして本サービスを利用する行為
(6) 当社が本サービスの提供に当たり提供するアプリケーション、当社が管理するサーバー及びこれらが生成する情報、通信内容等の解読、解析、逆コンパイル、逆アセンブル又はリバースエンジニアリング
(7) 当社による本サービスの提供を妨害する行為
(8) 第三者サービスの定める利用規約に違反するなど本サービスの提供の支障となる行為
(9) 自ら又は第三者を利用した次の行為
  ア 暴力的な要求行為
  イ 法的な責任を超えた不当な要求行為
  ウ 脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
  エ 風説を流布し、偽計又は威力を用いて当社の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
  オ その他前各号に準ずる行為

第16条(秘密情報の取り扱い)
1 スペースオーナーは、本サービス遂行のため当社より提供を受けた技術上又は営業上の情報(以下「秘密情報」といいます。)を第三者(利用者を含みます。)に開示又は漏洩しないものします。ただし、当社からあらかじめ書面による承諾を受けた場合及び次の各号のいずれかに該当する情報についてはこの限りではありません。
(1)秘密保持義務を負うことなく既に保有している情報
(2)秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報
(3)当社から提供を受けた情報によらず、独自に開発した情報
(4)本契約に違反することなく、かつ、受領の前後を問わず公知となった情報
2 前項の定めにかかわらず、スペースオーナーは、秘密情報のうち法令の定めに基づき又は権限ある官公署からの要求により開示すべき情報を、当該法令の定めに基づく開示先又は当該官公署に対し開示することができるものとします。この場合、スペースオーナーは、関連法令に反しない限り、当該開示前に開示する旨を当社に通知するものとし、開示前に通知を行うことができない場合は開示後すみやかにこれを行うものとします。
3 スペースオーナーは、秘密情報の管理に必要な措置を講ずるものとします。
4 スペースオーナーは、当社より提供を受けた秘密情報を本サービス遂行目的の範囲内でのみ使用し、本サービス遂行上必要な範囲内で秘密情報を化体した資料等(以下本条において「資料等」という。)を複製又は改変(以下本項においてあわせて「複製等」という。)することができるものとします。この場合、スペースオーナーは、当該複製等された秘密情報についても、本条に定める秘密情報として取り扱うものとします。なお、本サービス遂行上必要な範囲を超える複製等が必要な場合は、あらかじめ当社から書面による承諾を受けるものとします。
5 スペースオーナーは、当社の要請があったときは資料等(本条第4項に基づき当社の承諾を得て複製、改変した秘密情報を含みます。)を当社の指示に従い、当社に返還し、廃棄し、又は消去するものとします。

第17条(スペースオーナーの個人情報の取扱い)
 当社は、当社が保有するスペースオーナーから提供を受けた又は本サービスの利用により利用者より提供を受けた個人情報を、当社が定める個人情報保護方針に従って管理します。

第18条(知的財産権等)
1 本サービスに関する知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、スペースオーナーは、本サービスを利用する範囲でその利用権を有します。
2 スペースオーナーは、当社又はその委託先が撮影した写真素材について、当社の事前の承諾なく、本サービス以外の他のサイト、パンフレットその他の媒体に使用してはなりません。
3 スペースオーナーは、スペース情報について、自らが当該スペース情報を本サービス上に掲載することについて適法な権利を有していること、及びにスペース情報が真実かつ正確であり、第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対し表明し、保証するものとします。
4 当社は、本サービスの提供に必要な範囲で、スペースオーナー及びスペースの名称、商標、ロゴ、画像を自由に使用できるものとします。但し、しようにあたってはスペースオーナーのブランディングを最大限考慮するものとし、スペースオーナーは自らのブランディングの観点から当社に対して、必要に応じてその使用方法について指定及び変更の申し入れを行うことができるものとします。

第19条(第三者サービス)
1 スペースオーナーは、本サービスが第三者サービスを利用するサービスであり、第三者サービスの不具合、仕様変更、サービスの中止(メンテナンスによる場合を含みます。以下「第三者サービスの不具合等」といいます。)により本サービスの全部又は一部が停止又は廃止となることを同意するものとします。
2 当社は、第三者サービスの不具合等により、当社のサービスの全部又は一部が停止する場合、当社は、その発生を認識後、遅滞なくスペースオーナーに告知するものとするが、第三者サービスの不具合等により、スペースオーナー又は第三者(利用者を含みます。)に発生した損害について、当社は何ら責任を負いません。

第20条(本サービスの一時停止)
1 当社は、本サービスの稼働状態を良好に保つため、本サービスの全部又は一部の提供を一時停止して保守点検と行うことができるものとします。
2 前項の場合、当社は、スペースオーナーに対し、事前に本サービスの提供を一時停止する旨及びその期間を通知するものとします。ただし緊急を要する場合にはこの限りではありません。
3 本条に基づく本サービスの一時停止によりスペースオーナーに生じた損害については、当社はその責任を負いません。

第21条(本サービスの利用の禁止及び利用契約の解除)
1 スペースオーナーが次の各号のいずれかに該当した場合には、当社は、何らの催告を要することなく直ちにスペースオーナーによる本サービスの利用を禁止し、又は利用契約の全部又は一部を解除することができるものとします。この場合、当社のスペースオーナーに対する損害賠償の請求を妨げないこととします。
(1) 本規約に違反する行為をしたとき(第3号に掲げる場合を除く)
(2) 第2条第2項各号に該当したとき
(3) 第12条に規定する利用料金の支払いを2か月分以上怠ったとき
(4) 営業停止又は営業の免許、許可等の取消処分を受けたとき
(5) 支払停止者若しくは支払不能の状態に陥ったとき、又は手形若しくは小切手が不渡りとなったとき
(6) 第三者より差押え、仮差押え、仮処分若しくは競売の申立て、又は公租公課の滞納処分を受けたとき
(7) 破産手続き開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始の申立てを受け、又は自ら申立てを行ったとき
(8) 解散したとき
(9) 資産又は信用状態に重大な変化が生じ、本規約及び利用契約に基づく債務の履行が困難になるおそれがあると認められるとき
2 前項に規定する場合、スペースオーナーが当社に対して負担する一切の債務についてその期限の利益を喪失するものとします。
3 本条第1項に基づき、又はスペースオーナーの責に帰すべき事由により、利用契約が解除される場合、解約日が属する月の本サービスの利用料金は、全額支払うものとします。

第22条(スペースオーナーによる解約)
1 スペースオーナーは、1か月前までに当社所定の解約申込書を当社に提出する方法その他の当社所定の方法により、利用契約を解約することができます。
2 前項に基づき利用契約が解約された場合、解約日が属する月の本サービスの利用料金は、全額支払うものとします。

第23条(本サービスの終了)
 当社は、本サービスの提供を終了することがあります。この場合、当社は、その3か月前までにスペースオーナーにその旨及び終了日を通知するものとします。

第24条(当社の損害賠償責任)
1 当社は、故意又は重大な過失がある場合を除き、本サービスの利用に起因又は関連してスペースオーナー及び第三者(利用者を含みます。)が被った損害を賠償する責任を負いません。
2 前項に基づき当社の賠償義務が免除されている損害について、利用者から当社に対し直接請求があり、当社が利用者に対し直接損害賠償をした場合、貴社は、当社に対し、当社が負担した損害、費用(弁護士費用を含みます。)を補償するものとします。

第25条(スペースオーナーの損害賠償責任)
 スペースオーナーは、その責めに帰すべき事由により本サービスの利用に起因又は関連して当社又は他のスペースオーナーその他の第三者に損害を与えたときは、その損害を賠償するものとします。

第26条(不可抗力)
 当社は、不可抗力事由(天災地変、火災、停電、ウィルス流行、第三者による妨害行為その他当社の責に帰すべき事由によることなく本サービスを提供できない状況を含みます。)のために本サービスが中断又は終了したことに基づきスペースオーナー又は第三者(利用者を含みます。)に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第27条(譲渡禁止)
 スペースオーナーは、本規約及び利用契約に基づく権利義務を第三者に譲渡することができません。

第28条(存続規定)
 本規約及び利用契約が終了した場合であっても、第8条、第9条、第16条、第17条、第18条、第19条、第26条、本条ないし第32条の効力は存続するものとします。

第29条(通知)
 当社からスペースオーナーへの通知は、スペースオーナーが当社に届け出た電子メールアドレスその他の連絡先に宛てて発し、その通知が通常到達すべきであった時に到達したものとみなします。

第30条(準拠法)
 本規約は、日本法に基づき解釈されるものとします。

第31条(合意管轄裁判所)
 本規約及び本サービスに関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第32条(本規約の変更)
 当社は、本規約を変更することができます。本規約を変更する場合、当社は当社のウェブサイト又はスペースオーナーが当社に届け出た電子メールアドレスその他の連絡先に宛てに本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期を告知します。

令和4年3月3日制定